• ハイヤー乗務員になる際に知っておくべきこと

    ハイヤー乗務員は外から見ますと、お客様を目的地までお送りするだけのようで簡単なように思われます。ですが、実際は車のルートの知識やお客様との接し方などかなり高度な熟練が必要です。ですから、ハイヤー乗務員になるには「覚悟」と言いますと大げさですが、安易な気持ちで臨みますと採用試験の段階でふるい落とされることになります。

    ハイヤーの乗務員の情報はこちらです。

    ハイヤー乗務員になるには会社によりいろいろな方法がありますが、タクシー乗務員からハイヤー乗務員になるケースのほかには最初からハイヤー業界に入ることもあります。



    その際は、書類選考から行われますが、履歴書には志望動機などしっかりとした内容の記載が重要です。先にも書きましたが、お客様との接し方が重要ですのそれまでの経歴が採用可否に大きく影響するからです。



    できるなら履歴書のほかに職務経歴書も添付したほうが好印象を与えます。

    基本的に大手であればあるほど採用基準は厳しいと考えるのが妥当です。
    これは大手になればなるほど取引をしている企業などが大企業になる傾向が強いですので、自ずとお客様も社会的地位の高い人になるからです。
    書類選考を通過したあとは面接試験になりますが、これも大手であればあるほど厳しいものになります。
    企業によっては複数回のこともありますので気持ちを備えておくことが必要です。
    面接を通過したあとは運転技術の試験もありますが、重要なことは安全運転をすることです。

    また、乗車している人に不快感を与えないような運転をすることも大切です。