• ハイヤーとタクシー乗務員の違いとは?

    タクシー乗務員と似た職業にハイヤー乗務員というものがあります。
    両者ともに車を運転し、人を目的地に運ぶというのは同じですが、その役割と内容は大きく異なります。
    最も大きな違いは「営業形態」です。
    基本的にタクシーは主に駅前等の一定のエリアを巡回し、そこで乗車を希望するお客様を目的地まで運びます。そしてお客様を目的地まで送り届けた時点で「任務完了」です。


    これに対し、ハイヤーはお客様から連絡を受けてはじめて「出動」となります。

    ハイヤーの乗務員に関するマニアックな情報をお届けします。

    むろん、タクシーの場合も予約サービスを利用する等により、指定された場所に伺うということもあります。
    しかし基本的には停車している場所にお客様が自ら足を運び、そして乗車するというものが一般的です。


    また、メーターがついていないのもタクシーとの大きな違いです。



    タクシーは距離や時間に応じて料金が支払われるのに対し、予約から乗車、そして車庫に戻るまでの「一括払い」となります。



    これは距離や時間が多少異なった場合であっても基本的に「同一」です。


    これはタクシーが主に「輸送の利益」を提供するのに対し、ハイヤーは乗務員が「専属の運転手」として、また利用者に対して「専用車を提供している」という内容である事に由来します。


    例えばタクシーの多くが「タクシー車両」であるのに対し、ハイヤーの多くは、いわゆる「黒塗りの高級車」等が多く使われています。


    また、タクシーが自動的にドアが開くのに対し、ハイヤーは運転手自らがドアを開けるのが登頂です。
    最大の特徴は「時間指定」でしょう。多くの場合、「何時何分に到着」といった指定がなされるため、時間に正確であることが求められます。
    これは運転技術や道順はもちろん、渋滞等の不測の事態にも対応するため、通常の道路交通事情に加え、出動する時間帯の交通事情にも詳しい等の情報力が求められます。