• ハイヤー乗務員の働き方

    ハイヤーは高級個別輸送機関に位置づけられる旅客自動車であり、政財界などのVIPをお乗せする大きな責任を伴う重要な仕事です。
    乗務員はただ車を運転して目的地に送るだけでなく、言葉使いなど接客マナーが高級ホテルマンのような高いレベルのものが必要になります。

    ハイヤーの仕事内容ですが、一日に運転する時間はタクシーに比べればそれほど長くありません。一日あたりの平均の運転時間は4時間、距離は100キロほどです。


    多くの時間は待機時間であり、乗務員てやっていくにはこの待機時間をどのようにうまく使うかが大事です。
    地図やナビを使って地理の勉強をしたり、他の資格の勉強をしたり、普通に休憩や食事の時間に当てられます。


    ハイヤーのオーソドックスな働き方に、専属契約で毎日同じお客様の送迎をするものがあります。

    ハイヤーの乗務員関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

    お抱え運転手のような働き方ですが、毎日顔を合わせるので、お客様と親しくなり話がしやすいので、お客様は乗務員にあれこれ指示しなくても目的地や意向を伝えることができますし、乗務員にとってはお客様の好みがわかるので、事前にお客様の意向に沿うように準備ができるので、お互いにメリットがあります。

    親しくなりすぎてお客様のパーソナルな情報を外部の人間に漏らしてしまうことがあり、信頼を失うことになるので注意が必要です。
    他にはスポットの仕事があります。

    乗務員を決めずに予約が入り次第で利用する方法です。



    空港や駅への送迎、営業のあいさつ回り、ゴルフ場の送迎などの働き方があります。